美肌のためにやりすぎに注意


肌がきれいだと年齢も若く見えます。

そういった方にお話を伺うと、特に何もしていないということも多いものです。

もちろんもともとの肌がきれいであるということもあるのでしょうが、そういった方に共通しているのが、肌がきれいであるためにメイクが薄くて済んでいるということです。

濃いメイクをするとどうしても肌に負担がかかりますから、メイクを薄い状態でとどめておくことでダメージを最小限にすることができるのです。

まずはやりすぎのメイクを一度控えてみるということにチャレンジしてみました。

メイクを薄化粧程度にしたところ、肌のトラブルも減り、状態が良くなりました。

これを続けていくことで美肌へもつながっていくのではないかと思います。