日焼けを防いで美肌を保つ


肌にダメージを与える原因として、紫外線による日焼けをあげることができます。

夏は紫外線の強さを認識しているので日焼け止めを使っている人も多いですが、それ以外の季節では対策を取っていない方も多いようです。

実際に私は若いときに秋の曇りの日、外に出て紫外線を浴びたことで腕が赤くはれたことがあり、その経験から一年中紫外線対策を行うようになりました。

そのおかげか、肌へのダメージは最小限に抑えることができています。

ちょっと洗濯物を干したり、近所を歩いているだけでも紫外線を浴びているので、そういった時にも注意が必要です。

日常的に使える肌に優しい日焼け止めなどを備えておいて、こまめにつけておくのが良いでしょう。

日差しの強いときは帽子や長袖の服を着用するのも効果的です。