女性ホルモン減少による肌荒れ大人ニキビにはラミューテ化粧品


大人の女性の美容と健康は女性ホルモンのバランスが影響しています。 ホルモンバランスにより体の調子が悪くなったり、お肌が荒れたり誰でも経験があるでしょう。 でも、意外と女性ホルモンが影響しているということも知らない方も多いです。

生理前にニキビができやすいのもホルモンバランスの影響です。 毎月のホルモンバランスの周期によって生理前にニキビができますよね。 毎月の周期で女性ホルモンは増えたり減ったりしています。

30代頃になるともっと大きな周期による悩みが出てきます。 人生の中で女性ホルモンが一番多くピークなのが25歳頃です。 25歳を過ぎると女性ホルモンは減り始めます。 それまで増えていた女性ホルモンが減りだすと健康や美容に影響がでてきます。

まず、25歳頃から減り続けて30歳くらいで肌荒れや大人ニキビになりやすくなります。 若い時のニキビと違ってプロアクティブなどのニキビケアは効果がありません。 30代からの大人ニキビや肌荒れにはラミューテ化粧品のような化粧品を選びます。

女性は25歳以上になるとそれまでの肌の悩みと原因が違うので使う化粧品も違ってきます。

30代くらいの年代の方はちょうどお肌の曲がり角でお肌のお手入れも変える時期かなと思います。

若い頃はお肌も強かったので大丈夫でしたが、この年代になると少しの化学的な成分で肌荒れを起こしたり敏感になりやすいです。 これはお肌のバリア機能や自己再生力も低下してきているからです。

お肌に優しい化粧品でお肌のバリア機能や自己再生力を高めるためにもオーガニックの化粧品はおすすめです。 100%自然成分でできているオーガニック化粧品は年齢とともに弱ったお肌を強くするためにもオススメです。

女性ホルモンの減少による悩みというと更年期障害だけだと思っていませんでしたか? そこまでいかなくてもその手前で、大人ニキビや肌荒れなどのお肌への影響も深刻です。

25歳以上だと肌質が変わり若い子と同じケアではもうお手入れの限界かもしれません。

>>92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れの悩みにラミューテ化粧品